一度は体験したはず…結婚式場でのあるある!

結婚式でよくある事とは

日本人は結婚式に限る事ではないと言えますが、イベントごとの時は宗教が定まらない傾向にあると言えます。結婚式においても言える事で、なぜか教会でなぜか日本でも牧師は外国の方などとなる場合があると言えるでしょう。
このような結婚式においては賛美歌などを歌うのですが、基本的には知らない歌と言えますがキリスト教徒やミッション系のスクールに通った方は、この時に歌っているので判断する事ができます。あの人はキリスト教なんだとかミッション系のスクールだったんだとか分かるのが、この賛美歌の時と言えるでしょう。また、退場後に新婦の手に持つ花を投げて、受け取るのは女性と言う風潮があると言えますので、男性は後ろの方で見守る形になりやすいとも言えるかもしれません。

友人が空気を変にする

結婚式においてもそうと言えますが、特に披露宴においては新郎新婦の友人が変な空気を作る事もあると言えます。友人達が催し物などを披露するのですが、基本的には会場を盛り上げたり笑わせたりするために行うのでしょうが、愛想笑いが基本になりがちな場合もあるでしょう。しかし基本的にはハートが強く、変な空気のままやりきっていくと言った状況になると言えます。誰もが、多少なりとも変な空気を感じる瞬間と言えるかもしれません。
また新郎の友人代表の祝いの言葉では、友人と新郎がお互いに泣きじゃくるのが定番であると言えるのではないでしょうか。泣いているので後半は何と言っているのか聞き取れず、二人の間でしか理解できないような変な空気を生みます。

家族で結婚式