友人の大切な日のために。結婚式場でのマナーとは

当日まさかの遅刻!あわてず対処しよう

楽しみにしていた友人の結婚式。朝も早く起きておしゃれにばっちりキメて家を出たのに、駅に着いたら「…あれ?」嫌な予感。まさかの電車が運転見合わせ!
もしかしたらこんな状況になってしまうかもしれません。でもそんなときは慌てずに対処しましょう。できたら遅刻しないことが一番ですが、もしも遅刻してしまうときには事前に連絡をすることが一番大切です。
連絡をするといっても当日の新郎新婦はとても忙しくしています。一緒に式に出席する友人などに連絡をして式場のスタッフに伝えてもらうといいでしょう。もし一緒に出席する友人がいなかったり、連絡がつかなかった場合は式場に連絡を入れて遅刻する旨を伝えます。到着してもすぐに会場に入るのはNGです。タイミングなどもあるので必ず式場のスタッフに声を掛けましょう。

チャペルでの挙式で気をつけたいこと

最近の結婚式はチャペルで挙式を挙げることが多いことと思います。チャペルでの挙式の場合、最も気をつけたいことは「バージンロードには足を踏み入れない」ということ。バージンロードには意味があり、花嫁の人生を表しています。式が始まり、父親と共に一歩一歩人生を歩み彼に出会う。そういったことを物語る神聖な場所となっています。式場の係員が誘導してくれると思いますが、バージンロードの内側に座るからといってバージンロードを歩くといったことがないようにくれぐれも注意が必要です。
親しい友人の結婚式。楽しくてついついマナーなどは忘れがちになってしまいますが、周りの方たちと一緒に楽しむためにも最低限のマナーは知っておきたいものですね。

家族挙式